RS232C搭載の古いNC機械を有効活用

USB⇔RS232C for NC

MADE in TECHTRAGE

NC装置で通信エラーとなる問題点を克服した
テクトレージオリジナル製品です。
データフローを安定制御するチップをケーブル間に設けてRS232CをUSBに変換、
古いNC機械の活用法が広がります。

NC装置との接続に
特化したチップ設計

オリジナル設計のチップが工作機械とパソコンの間を取り持ち、それぞれからのデータフローを安定して制御、5つのLEDで状況を把握できます。

USBポートを利用し
DNC運転を実現

広く普及したUSB端子を用いることで、新たな設備導入コストが抑えられるかもしれません。接続問題が解消すると稼働機械の選択肢が増え、生産性向上が見込まれます。

専用のドライバは
必要ありません

Windows 10標準ドライバで動作し、お手元に届けばすぐに使用できます。面倒なドライバのインストール作業も必要なく、スピーディーに機械の稼働へ移行できます。

仕様

製品名 USB⇔RS232C for NC
型番 tur1
製品サイズ W36×D22×H70(mm)
質量 約40g
周辺温度 -5度~60度(結露・粉塵なきこと)
対応OS windows 10(windows10標準ドライバ)
付属品 マイクロUSBケーブル
ボーレート 300,600,1200,2400,4800,9600,19200 bps
ストップビット 1 or 2
パリティ なし、偶数、奇数
データ長 7 or 8
想定コード ISO, EIA, ASCII
ハードウェアフロー制御 RTS/CTS 制御(DSR/DTR 制御無し)
ソフトウェアフロー制御 DC1/DC3 制御(DC1=0x11, DC3=0x13 or 0x83)
USB端子 MicroUSB (B)
RS232C端子 D-SUB9極 オス
RS232C出力信号電圧 -6.5V~+6.5V TYP. (3KΩ LOAD to GND)

LED仕様

PWR 点灯 電源ON / デバイス認識
点滅 電源ON / デバイス未認識
CTS 点灯 NC側ハードウェアフロー状態
点滅 NC側ソフトウェアフロー状態
TXD 点灯 送信(PC→NC)データあり
RXD 点灯 送信(NC→PC)データあり
RTS 点灯 PC側ハードウェアフロー状態

テクトレージのショッピングサイト「テクトバコ」でも今後販売予定です。